秋の日本F15に飛行デモアウト:240センチメートル長

ワールドワイドウェブ研修生ジャーナリスト関翔、日本の共同通信によると、11月29日29日、日本、福岡県、日本の航空自衛隊に報告、要塞の活動は、日本のF -左水平尾翼15戦闘機の航空セクションで防衛空軍基地を報告ドロップ直後を後に、翼をオフチップ。警察によると、によると、現場は約25000人が、事故の負傷者や建物への損傷の原因となった時間での活動。事故の日本語基本原因を調査中です。


導入の基本によると、9:30の周りの同じ日に、3つのFの基本- 15戦闘機は、1つの直後には、航空機の尾コンポーネント落下着陸発見された実行するには離陸した。調査は約240センチで、飛行中の航空機の5.5キロ水平尾翼と秋の垂直尾翼の先端部分については、重さと秋に分解した後、オープンスペースを介して基地周辺に散在。


緊急離陸し、他のタスクを除いて、日本の航空自衛隊の日に自衛隊部隊の影響で、日本のすべての202 F - 15は戦闘機を一時的に検査のために接地された。


今月はこの日本の航空自衛隊空軍のF - 2番目の事故の15戦闘機が発生した報告。今月の25日、日本の航空自衛隊空軍第2航空連隊のFでの上に北海道の沿岸海域で15の訓練度低下、エンジン部品の約200キロの。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。